メタボリックシンドローム
動脈硬化の原因には、いくつもの危険因子が関わっています。中でも内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化を起こす基盤として重要なことがわかってきています。内臓脂肪の蓄積をベースとして、そこに危険因子が加わり動脈硬化を起こしやすい状態を「メタボリックシンドローム」と名付け、これを一つの疾患として、診断の基準が設けられました。「メタボリックシンドローム」は、まず「腹部肥満」があることが条件になります。
ウエスト周囲径が、男性で85cm以上、女性では90cm以上。これは内臓脂肪面積が100平方cmに相当します。それに加え、次の項目の内2つ以上当てはまる方がメタボリックシンドローム患者になってしまいます。

  1.血液中の中性脂肪150以上、善玉コレステロール40以下
  2.高血圧 最高130mmHg以上 、最低85mmHg以上
  3.血糖値(空腹時)110以上

内臓型の脂肪は、さまざまな機能をもったタンパク質を分泌します。その中には血栓をつくりやすくする物質も含まれます。また、動脈硬化をおこしにくくするアディポネクチンという物質がありますが、内臓脂肪の蓄積によって、このアディポネクチンが少なくなってしまうこともわかってきました。他にも内臓脂肪は皮下脂肪と比べて糖尿病や高脂血症の原因になりやすいこともわかっています。糖尿病や高脂血症は、動脈硬化の予備軍ですから、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、そして脳梗塞などになりやすくなってしまうわけです。
サプリメントのはなし|コレステロール|生活習慣病|人間ドック|ベビーマッサージ|毛穴対策|ドック口コミ


トイザラスベビーザラストイザラス クリスマス人間ドック体験記トイザらス オンラインBSデジタルラジオ放送