総合カウンター


■最近書かれた記事
■最近読まれてる記事
■最近検索されたタグ
■最近コメントされた記事
記事一覧

■Raspberry piをAndroidスマホとUSBテザリングで接続してSSHとかVNCとかした / 2016年06月21日の記事
 AndroidスマホをVNCでraspiのモニター代わりにしようと思った。


■使用したもの
 機械
 Raspberry pi2(Raspbian)
 Androidスマホ(ASUS ZE500KL)
 microUSBの通信できるケーブル

 Androidアプリ
 Termux:ターミナルエミュレーター SSHしたりする
 VNC Viewer(RealVNC):VNCアプリ


■Raspberry piの準備
 ・SSHでインできるようにしておく。
 ・VNCを入れておく。
  (x11vncを使う場合はraspi-configで起動時に自動でデスクトップにログインする設定にしておく。)
 ・USBテザリングできるようにしておく。[参考]
 /etc/network/interfacesに以下を追加
 

 準備ができたらUSBケーブルで接続してテザリングする。



■termuxでRaspberry piに割り当てられたIPを調べる
 USBテザリングは自動でIPが割り当てられるらしく何になるかわからない。またxxx.localとかでも到達できないっぽい(termuxにもavahiがない)。
 wifiテザリングの場合はAndroidの設定から接続してる機器のIPがわかるが、USBテザリングだとIPが分からないのでtermuxで調べる。

 

 で出るIPのうち、rndis0で接続してるっぽいのがRaspberry pi。


 総当たりpingでもできるけど時間がかかるっぽい。

 まずはifconfigでrndis0のIPを調べる。
 

 そこに総当たりpingすればたぶん見つかる。
 


 テザリングしなおした後も同じIPが割り当てられてるっぽい?のでとりあえず前回のIPにSSH等してみてもいい。


■SSHとかVNCする
 termuxで
 

 VNCの自動実行の設定がめんどくさいのでVNCを手動で起動する。
 

 あとはVNC Viewerで接続する。
 


 termuxでSSHポートフォワーディングしてVNC Viewerで接続もできる。(できないかと思った。)
 
 
この記事に対するコメント
まだないようです
コメント送信フォーム
名前
対広告用スクロールスペース